前へ
次へ

大学受験は学習塾がいいか予備校がいいか

一般的に予備校と言えば大学受験向けの学校で、メインとしては高卒の学生が通うことが多いようです。
ただ最近は予備校にも高校生科を設けていて、受験を目指す3年生から早めに対策を始める学生のためのコースなども用意してくれています。
となると大学受験を目指す高校生向けのサービスとして学習塾がいいのか予備校がいいのかの選択肢が出てきそうです。
基本的にはどちらも大学受験向けの勉強を教えてくれ、進路指導なども受けられるようになっています。
一般的な学習塾はメインを中学受験と高校受験に置いていて、追加のサービス的に大学受験コースを置いているところもあります。
いざ内容を見ると全国展開している予備校の映像授業だったりするので、ライブ授業の方が良いなら再考が必要でしょう。
予備校は主に高卒生を対象にしているサービスで、大学受験向けの情報は多く有名な講師陣の授業を受けられるときもあります。
立地は学習塾は郊外にもありますが、予備校は都心が多いかもしれません。

Page Top